この町のかたち研究会

2009.02.23 Mon

土曜日、朝から「この町のかたち研究会」に参加しました。
この研究会は、所属党派を超えて府内有志議員でつくる政策研究会で、毎回、様々なテーマを設定しての学習や意見交換を行っているそうです。僕は大阪府議の西脇邦雄さんから紹介して頂いて、今回から参加させて貰いました。今回は、テレビ・新聞でも話題となった、大阪府の21年度予算、その中身が各市町村にどういった影響を及ぼすのかについて、大阪府の市町村課の職員の方を講師に招いて、学習と意見交換を行いました。

大阪府の21年度予算の中で、各市町村に一番影響が出るのは、事業への補助金等の見直しです。皆さんもご覧になったかもしれませんが、橋下知事が市長会とのやり取りで涙した場面、この場面で大きく議論となったのが、各市町村への補助金を削減するという内容でした。その後、各市町村と府との協議が続いた中で、20年度では約17億円、そして、21年度予算では約46億円の削減となり、廃止・縮減される事業が上げられています。

内容として一例をあげると、箕面市では12月議会で拡大が決まった「乳幼児医療費助成」、これは、まず基本となるのは各都道府県の制度で(大阪府の制度)、基本となる助成対象分の財源は大阪府から出ています。そして、各市町村はその基本条件に独自に上乗せする事ができ、その上乗せ分の財源は各市町村が負担します。大阪府の21年度予算では、乳幼児医療費をはじめとする4医療費助成(障がい、老人、ひとり親、乳幼児)の自己負担額を引き上げる事で縮減が見込まれています。

具体的には・・・
通院:1回につき500円 → 1回につき800円
入院:1000円(500円×2日) → 月2500円以内
所得制限:収入860万円 → 収入780万円
1月の自己負担上限額:2500円 → 現状維持
救急医療機関における休日・時間外診療時加算:800円 → 1300円

大阪府の制度が見直されると、府から入ってくるお金が減ります。今のところ箕面市は大阪府と同じ条件(自己負担額増)にはしませんので、その分は市の持ち出しが増える事になります。特に箕面市では、乳幼児医療費助成を大幅に拡充したところに、併せて大阪府の縮減分が負担増となります。

このように、大阪府が事業を廃止・縮減をすることで、市としてその分の負担をかぶって事業を続けるか、それとも府に併せて廃止・縮減をするのかという選択を各市町村の中で十分議論をしていかなくてはいけません。(その中では府に対しても異議をとなえていく事も出てきます)
こう言った事もしかっりと頭に入れながら箕面市の予算審議に臨まないといけない!非常に勉強になり、気合の入った一日でした。


  1. 2009/02/23(月) 03:09:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

議会のスタートにあわせて。

2009.02.20 Fri

ご覧頂いている皆さまへ
1ヵ月以上ブログがほったらかしで申し訳ありません(お詫び)
精神的・体調的な問題もあり、ブログをさぼっていました。一度さぼりだすとなかなか再開しずらくなっていたのですが、議会のスタートにあわせ、気持ちをあらたに頑張ります。体調面は1月末にこじらせた風邪で、熱が出たり、咳が止まらなかったたりと結構大変でしたが(ごはんもあまり食べれず、6kgほどダイエットしてしまいました)やっと完治しようとしている今日この頃です。

さて、今日から平成21年の第1回定例会がスタートしました。
今回の議会は21年度の予算を決める重要な議会になります。併せて、皆さんもご存じかと思いますが、箕面市では厳しい財政状況を打開するため、副市長をリーダーとする「改革特命チーム“ゼロ”」が設置をされ、平成25年度までに、財源不足の解消と経常的な支出を圧縮する事を目標にした「緊急プラン(素案)」が作成され、そして、その目標を達成するための具体的な改革項目を含む「ゼロ試案」が示されています。
「ゼロ試案」については、決定ではなく議論するための「たたき台」と言うことですが、その内容は(厳しい財政状況の裏返しでもありますが)市民生活に直接影響する厳しい内容です。この間、市民の皆さんからも賛否両論、たくさんの意見がよせられています。その内容も十分に踏まえて、この21年度予算の審議となります。

今日は、市長から「施策及び予算編成方針演説」、そして今回審議する「一般会計予算」をはじめ、議案の説明がされました。今後は、代表質問、常任委員会、一般質問と具体的な審議がスタートしていきます。(議会のスケジュールはこちらをご覧ください)
民生常任委員会でも、思い浮かべただけで、国民健康保険料の改定、介護保険料の改定、市立病院改革、現在の不況化での雇用の問題、そして、新規事業や「ゼロ試案」も含めた具体的な事業など、議論すべき事は盛りだくさん。3月27日の閉会まで猛勉強の日々がスタートです。

  1. 2009/02/20(金) 18:11:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

346

Author:346
なかじま三四郎 30歳
○箕面市議会議員
●箕面市立萱野小学校卒業
●箕面市立第二中学校卒業
●府立渋谷高等学校卒業
●修成建設専門学校 建築工学科卒業
●NPO法人理事
●北芝まちづくり協議会 事務局長

■なかじま三四郎後援会INFO
住所/大阪府箕面市坊島1-6-29
TEL/072-702-0346 
FAX/072-702-0347
mail/346@hcn.zaq.ne.jp
URL/http://www.hcn.zaq.ne.jp/346/

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のエントリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約